わたしのブランド品買取体験記

プレゼントの行方も円満解決

ブランド品の話では割とよくある話だと思うのですが、私も、同じバッグを2つ持っていました。1つは、自分で購入したもので、もう1つはプレゼントです。サイズや色が異なれば、同じものでも構わないのですが、全く同じものだったので、さすがに2つ持っていても仕方ないと思い、1つを手放すことにしました。
最初は、友人や知人に譲ることも考えましたが、元がプレゼントということもあり躊躇われました。それに、私自身が同じバッグを愛用している状態でしたので、同じものを持って鉢合わせしてしまうという事態は避けたかったのです。そこで、買取を利用することにしました。思っていた以上の値が付いた上に、効率よくバッグを手放す運びとなり、とても満足です。

スペース確保と軍資金

1つのものを気に入ってしまうと、そればかり使うようになってしまうのが私です。ブランド品も手に入れた直後は、使うことが多いのですが、一旦、他のものへと興味が移ってしまうと、クローゼットの中で常に待機しているだけになってしまいます。
ある程度の期間、使用していないものに関しては、それ以降、出番が回ってくる確立は非常に少ないこともあり、買取に出すようにしています。そうすることで、使わないものを手元に置いておくことがなくなりますし、クローゼットのスペースも確保出来るので助かっています。
それに、次に欲しいものを購入する時の軍資金にもなってくれるので、買取の利用は、まさに一石二鳥です。ブランド品が好きな私には、欠かせないサービスです。

© Copyright Acquisitions Series. All Rights Reserved.